180520-003katayamayamao

「ほんとザンネンな後輩」片山さつき議員が山尾志桜里議員とのテレビ番組共演後に呆れコメント

LINEで送る
Pocket

 
5月20日に立憲民主党の山尾志桜里議員とテレビで共演した自民党・片山さつき議員が「ほんと、ザンネンな後輩で」と呆れた様子でSNSを更新しています。

片山議員は5月20日の午後、直前までテレビ番組で共演していた山尾議員についてTwitterやFacebookでこのように発言。

片山「17日間国会に出てこないで、政党の肩書でテレビに出させてもらって、党の中で固まってもいない事を言うって、、。ほんと、ザンネンな後輩で。結局立憲民主の9条改正案って何なのか、余計わからなくなった。」

共演していたのはTOKYO MX「激論!サンデークロス」で、この日は「憲法改正は本当に必要か」というテーマについて片山議員・山尾議員、それに複数のコメンテーターが議論していました。

この時の様子を指したとみられる片山議員の「ザンネンな後輩」発言ですが、片山議員は番組内でも東大の後輩にあたる山尾議員に対し、攻撃的な姿勢を貫いていました。

片山議員は「今のお話全然わかりません」と山尾議員の意見をはねつけていた他、「政党として正式な考えを出さなければ」「そこまでおっしゃるんであれば早く立憲民主党として9条2項を削除した案を出して頂きたい」「条文を出して頂かないとお話にならない」と繰り返し火花を散らしていたのです。

山尾議員に「今のお話は国会議員に初めてなったばかりの方だったらわかるんですけど数年はやってらっしゃるわけだから」と一笑に付すかのような反応まで示していた片山議員に対し山尾議員は番組終盤で「条文がないと議論が出来ないというのは、日本の悪しき慣習だと思いますね」と反論しましたが守勢に回った感は拭えませんでした。

その上番組終了後に「ザンネンな後輩」呼ばわりまでされてしまった形であることから、山尾議員に「日本死ね」で注目を集めた頃の勢いはもはや感じられません。
 


 

※画像はモーニングCROSSのTwitterより。
関連URL:Twitter Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP