180521-006seko

世耕弘成経産相を批判して反撃されたTBS系モスクワ支局長が3週間考えた釈明も一蹴される

LINEで送る
Pocket

 
ロシアを訪問していた世耕弘成経産相の記者会見対応を4月29日にTwitterで批判したものの、すぐに反論され沈黙を守っていたTBS系JNNモスクワ支局長を名乗る人物が、5月21日に釈明文を公開しましたが再び世耕経産相から「言い訳にもなっていない」「本当にがっかり」と苦言を呈される展開となっています。

この人物は4月29日、モスクワにおける世耕経産相の記者会見対応についてこのような批判ツイートを流していましたが、世耕経産相がすぐにTwitterで投稿を連発したことから反撃されて形となっていました(関連記事)。

TBS系JNNモスクワ支局長「モスクワでの記者会見に現れない世耕経産大臣。理由は、渋滞で間に合わない。そのあと会食でお酒が入りテレビの前に出られないと。最近は大臣訪露のニュース価値が減り、日本からの同行記者も消え、モスクワ駐在の記者たちに経産省から出席確認と事前の質問提出の依頼が。何かがおかしくなっている。」

世耕経産相は渋滞が軍事パレードのためだったことや会見中止はその後の重要な会食に遅れることになるためだったこと、しかし会食後に記者団と懇談し情報提供に努めたこと、カメラなしを依頼したのは会食で重要である飲酒によって顔が赤くなるからだったこと、会見を求めた社に対してはその後会見を行ったこと、海外出張の際には日本の締切時間に配慮していることなどをそれぞれ説明しモスクワ支局長に対して「反応して欲しい」と要求(関連記事)。

しかし支局長側からの反応がなかったことから5月7日には「一方的に断じる資格があるのでしょうか?」と疑問を呈していました(関連記事)。

こうした流れの中、支局長は5月21日の午後になってTwitterを更新し釈明文を公開しましたが、その中身は冒頭からこのように対立姿勢を露わにするなど世耕経産相を納得させるものではまったくなかったようです。

支局長「今回の私のツイートは、世耕経産大臣の訪ロをめぐる取材上のロジ対応が外務省仕切りのものに比べ、あまりに不手際が多く混乱が生じたため不満を表明したものです。当時、現場では他社の記者からも同様の不満と抗議がありました。」

更に支局長は中止された会見を翌日に設定した世耕経産相に対しても「ニュースはその日に伝えることが基本」と不満を露わにしていますが、その一方で「世耕大臣個人を批判したものではありませんでしたが」「誤解されたとしたら本意ではありません」と謝罪しない方向に話を進めると会社の方針を理由にして「これ以上の細かい説明は避けたい」などと綴りこれ以上のやり取りを避けたい様子も窺わせています。

これには世耕経産相も「言い訳にもなっていない」「本当にがっかり」と呆れています。

世耕「3週間待ってこのコメントとは、本当にがっかりです。しかも私へのリプにはなっておらず、他の方のRTで気付いたという状況。」

世耕「「モスクワでの記者会見に現れない世耕経産大臣。」で始まるツイートに関して、「世耕大臣個人を批判したものではありません」と言われても、納得できるわけがない。言い訳にもなっていない。」

「納得できるわけがない」とした世耕経産相に対し、TBSや支局長がどのような対応をするか、注目されます。
 


 

関連URL:Twitter Twitter Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP