180524-003sugiohideya

元民進党の杉尾秀哉議員から愛媛文書記述真偽を問われた野田聖子総務相「メール事件ていうのが」

LINEで送る
Pocket

 
5月24日の参議院総務委員会で元民進党の立憲・杉尾秀哉議員から「愛媛文書」の真偽について「ウソだと思うか」と質問された野田聖子総務相が「メール事件ていうのがございました」と切り返す場面がありました。

「メール事件ていうのがございました」

杉尾議員は質疑の序盤で愛媛県が提出した文書に触れ「あの文書はですねぇ。大臣あれ、ウソだというふうに思われますか」と質問。

これに対し詳細な報告を受けていない、真相究明すべきとの見解を示した野田総務相でしたが、杉尾議員は食い下がります。

「一般論としてでいいんですがぁ」として愛媛県が虚偽の内容を行政文書として書くと思うか、と質したのです。

再び「事実関係承知していないので」と答弁を控える野田総務相。しかし杉尾議員は質問を止めません。「総理が答弁でですねぇ、否定されるんであればあ」などとして、安倍首相か加計学園のどちらかが虚偽の説明をしたことになる、と指摘し再度の答弁を要求。

ここで野田総務相は「メール事件」を持ち出してこのように述べていました。

野田「あの、ちょっと横道にそれますけれどもかつて、あの、国会議員のひとりとして、メール事件ていうのがございました。」

メール事件という前例を元に慎重な対応が必要だ、とする野田総務相に対し杉尾議員は「だからね、そのぉ」「関係者全員、やっぱり、来てもらえばいいと思うんですよ」と文書の真偽とは別の話に移した後、「ま、これぐらいにしますけれども」として次の話題に移っていました。

杉尾秀哉議員の質疑と野田聖子総務相の答弁

杉尾「それからもうひとつその、総理のですね、答弁なんですけれども、愛媛県の文書の方なんですが、2015年2月25日安倍総理が加計理事長と面談してですねぇ、総理がそういう新しい獣医大学の考えはいいねと言ったと、ま、そのはっきりと文書に書かれてるんですけれども、あの文書はですねぇ。大臣あれ、ウソだというふうに思われますか

野田「あの、私自身まだその、子細に今の文書について報告を受けておりませんし、わかりかねます。で、これからやはり国会において、その文書が出てきたこと受けて、しっかりと与野党共で真相究明して頂くべきことと存じます」

杉尾「一般論としてでいいんですがぁ。愛媛県がですねぇ。そういう虚偽の内容っていうの書くと思いますかぁ?行政文書として

野田「ま、そこにつきましても事実関係承知しておりませんのでお答え控えさせて頂きます」

杉尾「あのぅ、私は、まぁこれ誰しも思うと思うんですけど、愛媛県がですねぇ、聞いてもいないことを特にその総理に関係するようなことを書くはずがないというふうに、普通常識は思いますよね。で、総理が答弁でですねぇ、否定されるんであればあ、要するに総理がウソをついているかぁ、それとも、愛媛県側に説明した加計学園がですねぇ、ま、虚偽の説明をしたかふたつにひとつしか無いと思うんですけどどうでしょう

野田「あの、ちょっと横道にそれますけれどもかつて、あの、国会議員のひとりとして、メール事件ていうのがございました。で、メールでこうやってあるから真実だってことで、結局それがそうでなかったということがございましたので、こういうことに対しては慎重に、やはり国会の中で、それぞれが説明責任を果たして頂くことが重要だと思います

杉尾「だからね、そのぉ、虚偽をはっきりさせるためにもぉ、加計理事長もそうですけれども、関係者全員、やっぱり、来てもらえばいいと思うんですよ。やっぱこれ国会として与野党関係なくですねぇ、真相究明必要だと思うんですがぁ、ま、なんとなればですね、これ1年2ヶ月の間こういうことずーーっとやっていてぇ、例えばこういう文書がもっと早く出てきていたらあ、こんなにかかってなかったわけですよね。その意味ではやっぱり、これは議会制民主主義のまぁその破壊的な行為だし、議会の侮辱だと思うんですけど、どうでしょう」

野田「あの、前段の件についてはやはり国会の中で、与野党でお諮り頂いて進めていただくことと思います。また文書の廃棄、書き換え等は絶対にあってはならないことです。それが大前提で行政というのは国民の信頼を得て今日が、いろいろ国民が嫌がるような施策でも、そこが信頼という根拠の元があってはじめて進めてきた様々な施策もこれまでございました。ここはもうしっかりと猛省して頂いて、きちんと真相究明して、出直して頂かなければならないと思います」

杉尾「ま、これぐらいにしますけれども、もうひとつ、(以下略)」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP