180530-004edano

モリカケに終始した枝野幸男代表に安倍首相「同じこと聞かれれば同じこと答える」皮肉答弁

LINEで送る
Pocket

 
5月30日に行われた衆議院国家基本政策委員会合同審査会における党首討論で、安倍首相が立憲民主党の枝野幸男代表への答弁の中で「辻元さん」の名前まで挙げてこれまで同様のモリカケ質問を繰り返す様に「もう何回も質問されたこと」「同じことを聞かれれば同じことを答える」と皮肉を呈する場面がありました。

枝野代表に皮肉呈する余裕見せた安倍首相

安倍首相が苦言めいた皮肉を述べたのは森友学園問題に関する質問に答弁していた際のこと。野党議員からのヤジが激しかったため答弁を中断して「静かな環境で議論をするのが党首討論でございますが」とヤジを抑えるよう指摘した際には「静かな環境で骨太の議論をするのが」とまずモリカケ問題ばかり取り上げる枝野代表に苦言。

更に「今後ろから100回聞いたというヤジが辻元さんからございましたが」と辻元清美国対委員長の名前を挙げてヤジを「晒し上げ」、「同じことを聞かれれば同じことを答えるのでございます」「今まさに同じことを聞かれているから答えているわけでございます」と進歩のない内容だと言わんばかりの余裕で、「今までの党首討論にはあまりなかったことでございますが」と呆れたニュアンスまで窺わせていました。

枝野代表は結局、質疑時間の全てをモリカケ問題に費やし安倍首相を追及しましたが、追い込むことが出来なかったばかりか、その後国民民主党の玉木雄一郎共同代表が国会改革や外交といったテーマで臨んだ討論の終了時には安倍首相が玉木共同代表に握手を求める場面が見られるなど、野党第一党の代表としては期待に沿ったとは言えない形で終わってしまったようです。

安倍首相の発言

安倍「(答弁を中断して)すいません少し、あの、NHKだとヤジが必ずしも音を拾わないのでわかりにくいんですがラジオを聞いてる方はよくおわかりだと思いますが、党首討論においてですね、静かな環境の中で骨太の政策を議論するのが、この、党首討論でございますが、今既に、枝野さんに言われたことはですね、もう何回も、御党あるいは他の党の委員の皆様から質問されたことでございます

まず、谷夫人付に対して、・・・今、後ろから、100回聞いたというヤジが、辻元さんからヤジがございましたが、同じことを聞かれれば同じことを答えるのでございまして、今まさに同じことを聞かれているから答えているわけでございまして、今までの党首討論にはあまりなかったことでございますが、それはですね、まさにこの、籠池氏側からの依頼においてですね(以下略)」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP