180611-007tatsumi

共産党議員の質疑終了宣言後、菅官房長官が苦言呈し訂正求める場面「そういう表現やめるべき」

LINEで送る
Pocket

 
6月11日の参議院決算委員会で、森友学園問題について追及していた共産党の辰巳孝太郎議員が、官房長官秘書官を「改ざんグループの窓口」と表現し、菅官房長官から「そういう表現やめるべき」と苦言を呈される場面がありました。

「そういう表現やめるべきだと思いますよ?」

辰巳議員は森友学園問題を追及する中で、財務省から出向している寺岡官房長官秘書官の名前を挙げ、森友学園問題への関与について菅官房長官に答弁を求めていましたが、佐川前国税庁長官や太田現理財局局長などと官邸をつなぐ窓口だったということでよろしいか、と確認。

菅官房長官は「官房長官秘書官ですから私の窓口になるというのは当然のこと」と認めましたが、ここで辰巳議員は寺岡官房長官秘書官を「改ざんグループの窓口」と表現したのです。

辰巳「改ざんグループの、窓口に、寺岡氏がなっていたということが、明らかになりました。」

ここで時間が来たために一旦「私の質問を終わります」と質疑の幕を引こうとした辰巳議員でしたが、これに菅官房長官が「待った」をかけ訂正を要求。

委員長「辰巳君、官房長官が今の発言についてちょっと訂正を求められてます」

菅官房長官はこのように述べ、「改ざんグループの窓口」の表現を「やめるべき」と苦言を呈しましたが、辰巳議員も譲らず「事実を述べたまで」と訂正を拒否して質疑を終えていました。

菅「当然質問については、その窓口になるのが当然のことじゃないでしょうか。それが、あたかも疑惑の中心みたいな、そういう表現やめるべきだと思いますよ?」

辰巳「疑惑の中心とは言っておりません。改ざんグループの窓口になっていたと、これ事実を私は述べたまで。」

辰巳議員は2月の参議院予算委員会では事前通告なしの質問を繰り返し、安倍首相が「事前通告して頂ければ答えさせて頂きます」と説明しているにも関わらず「何故このシンプルな質問に答えていただけないのかわからない」と不満を呈した挙げ句「総理ではやっぱり答弁ね、ダメだと思うんですよ。昭恵さん本人に、これは、証人喚問として、来て頂く以外、私はないと思います」などと語っていました(関連記事)。

辰巳孝太郎議員の発言

辰巳「寺岡官房長官秘書官は、財務省から出向してる方であります。昨年の2月の22日官房長官への説明にも同席していたことが判明しております。昨年2月24日の記者会見で、応接記録廃棄への疑問が、記者から呈されて、官房長官は決裁文書にほとんどのことは書かれてると述べました。この答弁は一体誰が書いたんでしょうか」

菅「まずですね、2月24日の会見について、記者の方から事前通告に従って交渉記録の保存について質問がなされたので、私は、作成は官房長官秘書官が答弁を作成します。で、その中で、財務省の文書管理は、公文書管理法に基づいて作成された行政文書管理規則に従って行われており、決裁文書については30年の保存、面会等の記録については1年未満の保存で、事案の終了後廃棄、というように財務省の一般的な文書管理の規則について申し上げました。そしたら、さらに記者の方から、事前の通告がなかったが防衛省の日報問題は、1年未満で、今の防衛大臣は見直す考えだがこうした面会記録等に、政府として何らか対応する考えはないか、との質問がなされたんです。そして事前の答弁メモにはなかったのでありますけれども、私自身が各省庁ともこの文書管理の規定に基づいて行っているんだろうというふうに思います、そのことによって著しい弊害が出るということであれば、それはまた見直しする必要があるんだろうというふうに思いますけれども、基本的には決裁文書については30年間保存としているわけでありますから、そこでほとんどの部分というのは書かれているんじゃないでしょうか、これは私自身が、申し上げました。このように、2月24日の会見で、私は記者の質問に対して、政府の行政文書管理の規則と一般論を述べたものであって、森友学園に関する特定の文書の内容について、話をしたものではありません。このことが、明快に私が責任持って申し上げます」

辰巳「それ、森友学園についての話をしたわけじゃないってんですか。防衛省の問題で言ったと。いうことですか!?これ、全く、森友学園にはかすりもしてない話を、決裁文書にほとんど書かれているんでしょうか。こういう話ですか!?おかしいでしょう!」

菅「それは考えすぎじゃないでしょうか。と申しますのは、まず財務省の文書の管理規則について申し上げました。従来は、事前の質問は、それぞれの秘書官が調整しますから質問を聞きますから、これは答弁はなかったんです。ですからこれについて、私は、30年の話をしました。これは各省庁ともですね、そうした文書管理を行ってるわけでありますから。そうしたものに、決裁文書にいろんなことが書かれてることがあるというのが自然じゃないでしょうか」

辰巳「決裁文書ということを国会で森友事件に関して言ったのは官房長官あなたが最初なんですね。国会で決裁文書が出てきたのは2月の27日ですから。あなたがこれを言ったと、2月22日に理財局からの報告を受けていたあなたが、決裁文書という言葉を、まず最初に言ったということであります。寺岡氏は当時、佐川氏や太田氏、あるいは中村氏と官邸との窓口だったということで、よろしいですね?寺岡さんは

菅「官房長官の、秘書官ですから、私の窓口になるというのはこれは当然のことじゃないでしょうか

辰巳「改ざんグループの、窓口に、寺岡氏がなっていたということが、明らかになりました。今回の調査は、8億円の、値引きの検証もありません。必要な調査もありません。矛盾だらけの調査報告書になっております。佐川氏中村氏田村氏寺岡氏の証人喚問を求めて、私の質問を終わります」

委員長「辰巳君、官房長官が今の発言についてちょっと訂正を求められてます

菅「私自身は、官房長官の秘書官、それぞれの役所から来てます。当然質問については、その窓口になるのが当然のことじゃないでしょうか。それが、あたかも疑惑の中心みたいな、そういう表現やめるべきだと思いますよ?

辰巳「疑惑の中心とは言っておりません。改ざんグループの窓口になっていたと、これ事実を私は述べたまで。だとするならば、この調査で、寺岡官房長官秘書官に対しても、調査をすべきだと、そこまでやるべきだということを述べて私の質問を終わります」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP