180613-001makiyama

立憲民主党・牧山ひろえ議員「本当に道徳教育が必要なのは誰なんでしょうか!」参議院本会議で

LINEで送る
Pocket

 
TPP協定を承認した6月13日の参議院本会議で、立憲民主党の牧山ひろえ議員が安倍政権を厳しく批判する中で「本当に道徳教育が必要なのは誰なんでしょうか!」と気勢を上げましたが、セクハラ疑惑や不倫疑惑への十分な説明責任を果たしていないとしていまだ厳しい目を向けられたままの青山雅幸議員や初鹿明博議員、それに山尾志桜里議員といった面々への言及はありませんでした。

「本当に道徳教育が必要なのは誰なんでしょうか!」

牧山議員は冒頭、「政府与党の政治姿勢自体について触れざるを得ません」としてモリカケ問題や日報問題、財務省前次官によるセクハラ問題や厚生労働省データ問題など「重大な問題が同時多発的に連続発生している」と指摘。

こうした不祥事に対し安倍政権が「責任を部下に押し付け政治家の責任を回避しようという姿勢があからさまに見える」と批判すると、道徳教育への取り組みを皮肉るかのようにこう語っていました。

牧山「本当に道徳教育が必要なのは、誰なんでしょうか!」

しかし立憲民主党では青山雅幸議員や初鹿明博議員によるセクハラ疑惑への説明責任が十分ではないとして燻り続けている状態であり、5月9日の衆議院内閣委員会でも維新の浦野靖人議員が両名によるものとして報じられた内容を詳細に説明した上で「身を処すことも必要」と苦言を呈していたばかりでした(関連記事)。

牧山ひろえ議員の発言

牧山「立憲民主党・民友会の牧山ひろえです。会派を代表して、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の締結について承認を求めるの件に対し、反対の立場から討論させて頂きます。

まず冒頭、政府与党の政治姿勢自体について触れざるを得ません。長期政権は必ず腐敗するといいます。それを証明するかのように、森友・加計問題、防衛省の日報問題、幹部公務員のセクハラ問題、厚生労働省の働き方に関わる異常データの問題など、うんざりするほど重大な問題が同時多発的に連続発生しています。

特に、森友や加計の問題などは、発生以来、1年以上経過しても、収束の気配がありません。安倍内閣のこれらの同時多発的な疑惑への対応には、大きな特徴があります。

明らかに政治的な配慮や、政治との関わりにおいて生じている問題。個人ではなく、組織的に生じている問題にも関わらず、責任を官僚組織の一部に押し込めようとする、端的に申し上げると、責任を部下に押し付け、政治の責任、政治家の責任を回避しようという姿勢があからさまに見えることです。

そのために、調査をするにしても、独立性のある第三者機関による徹底した調査を行わず、お手盛りの身内調査をアリバイ的に実施し、幕引きを図ろうとする点でも共通しています。

そこには中立性、客観性、公平性はなく、調査の客観性を裏付ける資料も具体性の指標となる日付なども示されません。

この、部下への責任の押しつけは、その過程において自殺者まで生んでしまっています。この、政権が、かつて美しい国ニッポン、を標榜していたのは大いなる皮肉と言えます。

安倍内閣では、道徳の教科化を推進されていますが、本当に道徳教育が必要なのは、誰なんでしょうか!

現政権の、疑惑対応は、更に深刻な問題を引き起こしています。明らかに問題があるにも関わらず、国家の中枢を起点に嘘がはびこり、それを正すことも責任を取らせることも出来ない。

本当の原因は見逃されたまま、お咎め無しとなる。この、事態が、どれだけ政治や政府に対する信頼を害するんでしょう。今回の本論である外交通商分野については、国民からの信頼が特に重要となります。

国民の信頼に値しない現政権の存続は、既に国難と申し上げても、過言ではありません。

さて、本協定そのものの問題点を指摘する前に、政府与党による国会審議の進め方について、指摘します。(以下略)」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP