180615-006inoue

自民・井上貴博議員が衆議院本会議で野党に皮肉「そもそもIR法案は当時の民主党政権下で」

LINEで送る
Pocket

 
石井啓一国交相の不信任決議案を否決した6月15日の衆議院本会議で、自民党の井上貴博議員が「そもそもIR法案は民主党政権下で議連が発足したもの」などと指摘し、野党の姿勢を厳しく批判していました。

「そもそも民主党政権下で発足!」

井上議員は石井国交相への不信任決議案に反対の立場から討論に立ち、冒頭から野党を厳しく批判。6月14日には山際大志郎・内閣委員長の解任決議案を否決したばかりだったために「またしても不信任決議案を提出し国会を止めるのか」と怒りを露わにします。

野党による石井国交相への不信任決議案提出を「的外れ」「到底容認できない」として「強く非難する」とした井上議員は続けてこのように述べ、野党への皮肉をまじえる場面も。

井上「そもそも!!IR法案については、当時の民主党政権下で、民主党議員が会長となって!超党派の議連を発足し!推進法も含めて!何年にも渡って議論を積み重ねてきたものであり!まっったく理由にはなりません!!!」

その後も「単に法案審査を止める方便として安易に決議案を利用してるだけ」「筋の通らない日程闘争に付き合う余裕はない」と野党糾弾を続け「一刻も早くこの理不尽極まりない決議案は否決されるべき」と主張していました。

本会議における野党への「ブーメラン」は加藤厚労相への不信任決議案を否決した05月25日の衆議院本会議で自民党の井野俊郎議員が「当時の労働担当の厚生労働副大臣は西村議員」「お忘れになったんでしょうか」と述べていたほか(関連記事)、成人年齢引き下げを可決した5月28日の衆議院本会議でも自民党の藤原崇議員と公明党の國重徹議員が口を揃えて「成年年齢の引き下げ法案を提出したのは当時の民主党であります!」と語るなど(関連記事)相次いでいます。

井上貴博議員の発言

井上「自由民主党の井上貴博です。私は、自由民主党及び、公明党を代表して、ただいま議題となりました、国務大臣・石井啓一君不信任決議案に対し、断固反対の討論を行います!

提出会派の諸君は、またしても不信任決議案を提出し、言論の府の、看板と責任をかなぐり捨てて、国会を止めるのでしょうか!!

国会運営とは!直接関係のない!石井大臣に対し!的はずれな理由で、不信任を、つきつける行為は!到底容認出来るものではない!強く、非難致します!!!

提出会派の諸君は、本決議案の提出理由に、議論が全く深まっていないと述べられておりますが、そもそも!!IR法案については、当時の民主党政権下で、民主党議員が会長となって!超党派の議連を発足し!推進法も含めて!何年にも渡って議論を積み重ねてきたものであり!まっったく理由にはなりません!!!

石井大臣はこれまで、誠実な国会対応に努め、真摯に答弁を繰り返してこられました。一体何処が不信任にあたるというのでしょうか!

結局は!単に法案審査を止める方便として!安易に決議案を利用してるだけではありませんか!!

我々は、国民の付託を受けた代表として、そのような筋の通らない日程闘争に、お付き合いしている、余裕はありません!!

しっかりと立法府の責任を果たすためにも!一刻も早く!この、理不尽極まりない決議案は、否決されるべきであります!!

(以下略)」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP