180618-006kuroiwa

「投票箱閉まるまで電話かけした」発言の黒岩宇洋議員がツイート削除したまま沈黙

LINEで送る
Pocket

 
新潟県知事選挙が投開票された6月10日にTwitterで「投票箱の閉まる最後の最後まで電話かけをいたしました」と語り物議を醸していた無所属の会・黒岩宇洋衆議院議員がその後問題のツイートを削除したものの沈黙を守っています。

黒岩議員は6月10日の夜、このようなツイートを流し批判を浴びていました(関連記事)。

黒岩「本日は、新潟県知事選投票日。投票箱の閉まる最後の最後まで電話かけをいたしました。全国の皆さん #新潟県知事選 は、大激戦です。昨年の私の衆院選も、新潟3区は当日のNHKの出口調査で1ポイント負けていました。しかし、奇跡は起こりました。今日も新潟の奇跡を信じ待ちます。黒岩たかひろ 」

公職選挙法違反の疑いがあるのではないか、といった指摘が批判につながっていたものですが、黒岩議員はその後ツイートを削除しましたが「投票箱の閉まる最後の最後まで電話かけをいたしました」の部分についてTwitter上で何らの釈明にも及んでいないことから、説明を求める声が続いています。

黒岩議員に対しては「なぜツイートを削除したんですか?」「説明するのが国会議員の責務だと思います」「納得出来る説明をして下さい」といった要望が寄せられていますが、沈黙を守っています。

黒岩議員はプロフィールに座右の銘として「全て潔(いさぎよ)し」と記述しています。
 


 

※画像は黒岩宇洋議員の公式サイトより。

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP