180620-005konishi

コロンビア戦で「安倍政治は罪深い」政権批判と結びつけるツイート流した小西洋之議員が大炎上

LINEで送る
Pocket

 
6月19日に行われたワールドカップコロンビア戦でのシーンを安倍批判に結びつけるツイートを流した小西洋之参議院議員が大炎上、朝までに25,000回近いリツイートと5,000件以上のリプライが寄せられています。

日本vsコロンビア戦では試合開始早々に日本選手のシュートをハンドで防いだとしてコロンビア選手が一発退場となりましたが、そのシーンを受けての小西議員の発言。

小西「W杯。主審の目の前でハンド反則でシュートを止めたコロンビア選手。チームを救うための究極の行為は一発レッドカード。反則は絶対悪、退場も最悪ミスだが、我が身を捨てた執念の行為に、あの瞬間に何もせず、失点承知でシュートを見送るだけの国会議員が何人いるだろうかと考えた。安倍政治は罪深い。」

スポーツを政治に結びつけての安倍政権批判かと、小西議員に対しては厳しい反応が相次いでいます。

「何故スポーツと政治を結びつけるんですか?」「何でもかんでも政権批判に繋げればいいというものではない」といった声が数多く届いていますが、懸念はそれだけではありません。

「反則は絶対悪」と言いながら「我が身を捨てた執念の行為」と評価し、「あの瞬間何もせず、失点承知でシュートを見送るだけ」では駄目だとばかりにルール違反を容認するかのようであるためです。

目的のためなら手段を選ばない政治姿勢を滲ませた小西議員に対しては早速、維新の丸山穂高議員もこのように苦言を呈しています。

丸山「タイムラインに流れてくる小西議員のツイートが意味不明且つオウンゴール過ぎ。安倍政治全く関係ないでしょ。確かに我が身を捨てる執念でなく、国を捨てる国外逃亡の可能性を力説されていた議員はいますが。万一、ネタだとしてもセンスが無さすぎ。このツイートこそ、レッドカードで即退場が妥当かと。」

小西議員が言及したシーンでは日本の得点に繋がっていただけに「日本に負けてほしいのかな」といった疑問が出ていたためか、小西議員は試合後にこのようなツイートを流しています。

小西「日本代表の素晴らしい勝利!選手・指導者と関係の皆様に敬意を表します。W杯で初めて南米チームに勝利したことは、全国の子供たちにも大きな夢を与える快挙だと思います。私も(一時期だけ)ゴール前の魔術師などと呼ばれていたサッカー少年時代を思い出すなどさせて頂きました。」
 


 

関連URL:Twitter Twitter Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP