180717-011ishihara

野党による内閣不信任決議案提出の動きに苦言呈した石原伸晃議員に多数の批判

LINEで送る
Pocket

 
自民党の石原伸晃議員が野党による内閣不信任決議案提出の動きに懸念を示したところ、批判的なコメントが数多く寄せられる展開となっています。

石原議員は7月15日の夜、内閣不信任決議案提出の動きを指してこのように牽制。

石原「政府が豪雨災害に対処しているこの最中に、野党が内閣不信任決議案を提出するという動きがある。粛々と否決するのみだが、さすがにこのタイミングで不信任案を出すその見識は疑わざるをえない。野党が優先したいものとは一体何なのか。」

ツイートは7月17日朝までに2,600回以上リツイートされ、900件以上のコメントが寄せられていますが、その殆どが発言に対する批判のようです。

石原議員への厳しい声は災害対応に追われる中での不信任決議案提出に「見識を疑わざるをえない」というのであれば、災害対応に追われる中で石井国交相出席のもとカジノ法案の審議を進める姿勢に問題はないのか、という指摘が目立っています。

更に、批判が集まった状態を指して「またか」という声も。これは豪雨の最中、7月7日に石原議員がこんなツイートを絵文字入りで流していたことに起因しているようです。

石原「今年の七夕の短冊に願いごとを書くとしたら、まず何より「大雨の被害がこれ以上広がらないように」。」

これに対しては「呑気だなぁ」「国会議員なんだから願い事を書く前に出来ることがあるのでは」「願うだけなら誰にでも出来る、政治家にしか出来ないことをやって」といった指摘が相次ぎ、この時も500件以上のコメントが寄せられていました。
 


 

関連URL:Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP