180720-012kaneda

「やりたい放題やってきた」金田勝年前法相が厳しい野党批判、本会議で「辻元」の名も

LINEで送る
Pocket

 
7月20日の衆議院本会議で内閣不信任案に反対の立場から討論した自民党の金田勝年前法相が、様々な点から野党批判を展開し、さながら総集編のような様相を呈していました。

「野党の皆さんは実にやりたい放題やってきた」

金田前法相は今国会についての振り返りの中で「財務省をはじめ行政のモラルが問われる事態があった」「再発防止と信頼回復に全力で取り組まなければならない」と政府与党としての反省点を挙げた後、いくつもの点から野党を批判。

内閣不信任案を豪雨災害で「国民一丸となって困難を乗り越えなければならない最も大切な時に」「何故提出しなければならないのか」と疑問を呈すと、辻元清美・立憲国対委員長の名を挙げて「信じられない思い」と苦言を呈します。

金田「立憲民主党の、辻元国対委員長は、以前、不信任案の提出について、一番嫌な時に出さないと気が済まない!と、発言されておりましたが、復旧復興に、全力を尽くしているこの時期の提出は、本当に、信じられない思いでいっぱいであります!!」

更に金田前法相は「野党の皆さんは今国会、実にやりたい放題やってきた」と指摘すると、18日間の長い審議拒否や官僚イジメと称されたヒアリング、多くの大臣不信任案提出、それに大臣の海外出張を認めないといった行為に次々と言及。

18連休については「連休が終わっても国会に復帰しようとしない態度は世間一般に照らしても理解不能」、官僚ヒアリングは「パフォーマンス以外の何物でもない」。

また大臣不信任案提出を「反対のための反対と言わざるを得ない」とした金田前法相は閣僚の海外出張を認めなかった件についても「国際的な感覚が決定的に欠如している」と糾弾したのです。

こうした行為を「国民は2度の政権交代から多くのことを学んでおり冷静に見ている」と述べた金田前法相は野党に対し「現実を直視し自らの行動を改め考え直してもらいたい」と求めていました。

金田勝年前法相の発言

金田「議題となりました内閣不信任案であります。未曾有の大災害に多くの国民が悲しみ、国民一丸となってこの困難を乗り越えなければならない、最も大切な時に、しかも!!国会は、全ての重要法案の審議を、終えようとするこのタイミングで、何故、提出しなければならないのでしょうか!

立憲民主党の、辻元国対委員長は、以前、不信任案の提出について、一番嫌な時に出さないと気が済まない!と、発言されておりましたが、復旧復興に、全力を尽くしているこの時期の提出は、本当に、信じられない思いでいっぱいであります!!

国民の皆さんは、永田町を冷静に見ており、2度の政権交代から、多くのことを学んでおります。そうした、現実を直視をし、野党の諸君は、本案を提出した自らの行動を、改めて、考え直してもらいたいと、思います!

野党6会派の皆さんは、今国会、実にやりたい放題をやってきたのではないでしょうか!全く、全く合理性のない行動の最たるものは、4月下旬から、18日間も国会を欠席したことであります!!

5月の連休が終わり、世の中が動き始めたにも関わらず!国会での議論に復帰しようとしない態度は、世間一般に照らしても理解不能であり!この間、マスコミフルオープンの会議で、多くの官僚に、無理難題を突きつけていたことは、パフォーマンス以外の何物でもありません!!

また、衆議院に提出をされた多くの大臣不信任案は、全く理解出来るものではない!!5月には、5月には内閣委員会での審議途中に、強引に茂木大臣不信任案を出されたことは、まさに、経済そっちのけであります!世界経済や、自由貿易体制を論ずる資格は、ありません!!

加藤厚労相や石井国交大臣への不信任案も、時間の浪費を目的とするものでありました!正当な理由と、国民的な理解が、得られない中で、次から次へと、大臣不信任案を繰り出してくる、その姿は!反対のための反対と、言わざるを得ません!!

また、更には、国際的な感覚が、決定的に欠如していることも、指摘しておかなければなりません!例えば、麻生財務大臣や、小野寺防衛大臣など、閣僚の海外出張を認めないことに、一体どのような合理性があったというのでしょうか!時間稼ぎはもうやめにして、1日も早く!国民本位の議論に、戻ろうではありませんか!!

そのような中で、今国会の最重要法案である、働き方改革法や、IR関連法案で、一部の野党と、合意に至ったことは、国会が、新たな時代に入ったことを示しております!

ただ、反対のみを叫んだり!時間稼ぎを目的とする、野党ではなくて!建設的で、提案型の野党が、おられることは、国会を活性化し、政治の生産性を飛躍的に高めていくのであります!

私達は、こういう一部野党の皆さんの協力も得て、世界の、潮流やスピード感を意識をして!国民生活の向上と、我が国の平和を守り抜いていきたいと思うものであります!!

以下、安倍内閣が不信任に値しない理由を、簡潔に述べたいと思います!(以下略)」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP