180726-020otsuka

認知度アップ策問われた大塚耕平共同代表「タクシーの運転手に国民民主党ですと挨拶してます」

LINEで送る
Pocket

 
国民民主党の大塚耕平共同代表が7月26日の会見で党の認知度アップに関する施策について問われ、地道な取り組みの一例として「タクシーの運転手に『国民民主党です』と挨拶している」と述べ、「そういう活動の積み重ねが大事」と力を込めていました。

「タクシーの運転手に挨拶してます」

認知度アップに関し意義とどのような活動にしていきたいか、と問われた大塚代表は「これはもう地道な活動しかない」「奇策のようなものはない」とし、国会議員が地元をはじめ国民民主党の議員不在の県でも活動していくことが基本になるとの見方を示すと同時に、地道な活動の一例としてタクシーの運転手に「国民民主党です」と挨拶しているという自身の工夫を取り上げていました。

大塚「例えば私もやってますけど、タクシーに乗せて頂いたらタクシーの運転手さんには必ず最後『国民民主党です』と挨拶してますんでね」

大塚代表は「そういう活動の積み重ねが大事」「徹底して認知度アップに繋げていきたい」と意気込みを見せていました。

7月9日の会見ではオレンジ色が入ったロゴを念頭に「八百屋やスーパーでミカンを見たら国民民主党を思い出して」と訴えていた大塚代表ですが(関連記事)、今回もタクシーの運転手への挨拶を通じて認知度向上を図るというアイデアで、「永田町のユーチューバーになりたい」玉木雄一郎共同代表との違いを際立たせていました。

大塚耕平共同代表の発言

記者「認知度アップ月間が国会閉会して始まりましたが、改めて意義とどういう活動にしていきたいか」

大塚「認知度アップはですね、これはもう地道な活動しかありませんね。何か奇策のようなものはありません。もうご承知の通り、各議員はそれぞれの自分の選挙区においてまずしっかりと活動するということが国民運動委員会等から指示が飛んでますしね。

それから、国会議員が不在の県がありますから、そうした県には、他県の国会議員が計画的に入っていくことになってますので、そういう活動を通じると同時に、例えば私もやってますけど、タクシーに乗せて頂いたらタクシーの運転手さんには必ず最後『国民民主党です』と挨拶してますんでね、そういう地道な取り組みなんですよ意外に政治家、地味なんですよ?はい。そういう活動の積み重ねが大事ですので、そのことを徹底して、認知度アップに繋げていきたいと思ってます」
 


 

※画像は国民民主党より。
関連URL:【テレ朝news】【独自】玉木代表“永田町のユーチューバー”宣言

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP