180727-009nagashima

長島昭久衆議院議員が米兵遺骨返還を茶化すようなツイートを流して批判浴び撤回・謝罪

LINEで送る
Pocket

 
長島昭久衆議院議員が7月27日、北朝鮮による米兵の遺骨返還を茶化したかのようなツイートを流し、その後撤回・謝罪しています。

7月27日に北朝鮮が朝鮮戦争で戦死した米兵の遺骨を米側に返還したと報じられていますが、長島議員は同日午前、報道を添付する形でこのようにツイートしていました。

長島「はい、薄~~~切りのサラミスライスいっちょうw」

長島議員がどのような意図で「サラミスライス」を持ち出したのか理由は不明でしたが、遺骨をサラミのスライスに例えたのではないかと受け止めた人が多く、また茶化したような文体に批判が集まっていました。

「最悪ですね」「茶化すのはありえない」「悪ふざけするニュースじゃないと思います」「議員としての立場考えましょうよ」といった苦言が相次いで寄せられていましたが、長島議員は午後になってからツイートを削除してこのように謝罪。

長島「先程、朝鮮戦争で尊い命を落とされた米軍兵士のご遺骨を侮辱するかのような不適切な表現を含むツイートをいたしましたが、深くお詫び申し上げ撤回し削除させていただきます。」

長島議員が迂闊な表現で批判を浴び謝罪に追い込まれたのは今回が初めてではありません。2015年7月には当時安保法案の採決で使われたプラカードが議場に放置されたままだったことに呈された苦言に対し民主党議員だった長島氏は「申し訳ございませんでした。野球観戦のご家族以下のマナーでした」と発言、野球ファンの怒りを買っていたのです。

また2017年10月にも、衆院選の選挙期間中に河野外相に対し選挙応援に回るのではなく海外で日本外交の存在感を世界に示して欲しいと要求したツイートの中で、自身の選挙区を指して「とくに、東京21区は不要です」と述べたことから批判を浴び謝罪・撤回していました(関連記事関連記事)。
 
追記:2018年07月27日
長島議員が問題の発言の真意についてTwitterで補足説明を行っています。
長島「不適切ツイートで誤解を招いてしまったことを猛省するばかりですが、北朝鮮の「サラミスライス戦術」を揶揄する意図であったものが、一部海外メディア含め多くの方々に米国兵士を揶揄したかのように受け取られてしまった事は痛恨の極みです。従って発言内容ではなく軽薄な表現ぶりを撤回したものです。」
 


 

関連URL:Twitter Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP