180727-011suga

「あなた沖縄県の言い分だけじゃないですか」質問に苛立つ菅官房長官が東京新聞の女性記者に

LINEで送る
Pocket

 
翁長雄志沖縄県知事が辺野古移設に関連して前知事が出した埋め立て承認の撤回を表明した件に関わる質問をした東京新聞の女性記者に対し、菅官房長官が会見で「沖縄県の言い分だけじゃないですか」と不快感を示す場面がありました。

「沖縄県の言い分だけじゃないですか」

これは7月27日午後の会見で辺野古移転に係る最高裁判決を巡って沖縄県側の意見を元に質問した記者に対して、菅官房長官が「沖縄県の言い分だけじゃないですか」と姿勢を批判したというもの。

記者は菅官房長官が最高裁判決を毎回引用するが沖縄県側は最高裁判決が数ある知事権限のひとつについて判断が示されたにすぎず、それ以外の知事権限に効力を及ぼすものではないと反発していると述べ、政府の見解を質します。

これに対し菅官房長官は苛立ちを隠そうとせず「沖縄県の、あなた言い分だけじゃないですか」と記者が沖縄県の代弁者であるかのような姿勢だと反論めいた指摘をした上で「最高裁判決に従うのが国の判断」と退けていました。

すると記者は次に話題を変え、今度は豪雨被害への政府対応に批判的な立場から7月6日に行われたという安倍首相と自民党議員の会合について「何故このような会合をしたのか」「どういう議員を何分ぐらい呼んでどんな会合だったのか」と迫りましたが、菅官房長官から「答える必要はない」と一蹴されていました。

菅官房長官と東京新聞女性記者の発言

記者「辺野古移転ですけども、繰り返し長官は28年12月の最高裁判決を毎回引用されておりますけれども、沖縄県側は・・・」

アナウンス「質問簡潔にお願いします」

記者「この判決は数ある知事権限のひとつに判断が示されたに過ぎず、この最高裁判決がそれら以外の・・・」

アナウンス「結論お願いします」

記者「知事の権限にまで効力を及ぼすものではなく、この判決を以て新基地建設が決着したわけではないと言っております」

アナウンス「質問簡潔にお願いします」

記者「これに対する政府のご見解をお願い致します」

菅「沖縄県の、あなた言い分だけじゃないですか。最高裁の判断に従ってやるのが国の判断ですから」

アナウンス「この後の日程ありますので次の質問最後でお願いします」

記者「はい。えー、一部テレビの報道でですね、5日の赤坂自民亭の翌日、6日の夜ですね、豪雨被害が拡大し23府県、264万人に・・・」

アナウンス「質問簡潔にお願いします」

記者「避難勧告が出ていた日に、菅長官の車に乗った自民党の無派閥議員の方々が、首相との会合をしたというふうに報じられております」

アナウンス「結論お願いします」

記者「はい。10日、先手先手で臨むと言っておりますが、災害対策本部が出来ていない状況でですね、何故このような会合をしたのか、どういう議員を何分ぐらい呼んで、どんな会合だったのか、お答え下さい

菅「そうしたことにお答えをする必要はない。ただ防災対策はしっかりやってました。このことは明言を致しております」

アナウンス「はい、ありがとうございました」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP