180729-011renho

「どういうことか」安倍首相2日間の「つかの間の休息」に噛み付いた蓮舫副代表に批判

LINEで送る
Pocket

 
安倍首相が7月30・31日の2日間、首相官邸に行かず私邸で待機すると報じられたことについて、立憲民主党の蓮舫副代表が「どういうことだろうか」と疑問を呈し批判を浴びています。

蓮舫副代表は安倍首相が7月31日の定例閣議も取りやめて私邸で待機するとし、周辺が「つかの間の休息だ」と語っている報道を添付して7月28日にTwitterでこのように発言。

蓮舫「これはどういうことだろうか。つかの間の休息は必要と思うが、なぜ閣議をとりやめにするのか。また今接近中の台風が被害をもたらした場合に関係閣僚会議を開くのは内閣総理大臣なのに、だ。」

しかし、こうした見方への共感は広がっていないようです。というのも蓮舫副代表は「台風が被害をもたらした場合には」と政府の対応に懸念を示していますが、添付されている記事には「首相は、29日に官邸である西日本を中心とした豪雨災害の非常災害対策本部会議には出席する」と記述されているためです。

また安倍首相が7月中旬に股関節周囲炎と診断されたばかりであることも2日間の「つかの間の休息」に対する理解を深めており、蓮舫副代表への批判に繋がっています。

更に2日間の休息に噛みつく形となった蓮舫副代表に対しては「18連休がよく言いますね」「休むだけで批判とは呆れ果てる」「自分に甘く他人に厳しい典型的な人間」「重箱の隅をつつくような批判ばかり」など厳しい声が続いており、中には「たまには前向きなことも言えないんですか?」という呆れにも繋がっているようです。
 

※画像はweiboより。
関連URL:Twitter Weibo

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP