180731-009fukuyama

初鹿問題への対応問われた福山幹事長が反論「処分もせずほったらかしている自民党とは違う」

LINEで送る
Pocket

 
7月30日の会見で「青山初鹿問題」について質問を受けた立憲民主党の福山哲郎幹事長が、初鹿明博議員については既に処分を行っているとして「自民党のように処分もせずほったらかしてるのとは違う」と違いを強調する場面がありました。

福山幹事長に対しては記者からまず、青山雅幸衆議院議員によるセクハラ疑惑への対応に時間がかかっている理由について質問が飛びましたが、福山幹事長は弁護士と進捗状況について確認をしているとし、放置しているわけではないと理解を求めた上で被害者の二次被害まで含め慎重に進めており、現在、弁護士からの再度の報告を待っているところだと説明。

すると次に別の記者から初鹿明博議員の問題についての対応が立憲民主党の支持率にも影響しているのではないかとの観点から状況の精査について現状はどうなっているのか、との質問が寄せられます。

ここで記者が「自民党がいつもいろいろなことで結果を出さないのと・・・」と自民党との対比をしたことから、福山幹事長は話を遮るように初鹿議員に対しては既に処分を下しており処分もしないでほったらかしている自民党とは違う、と色をなして反論していました。

福山「ただ私どもは初鹿さんの件についてはいち早く処分は決定させて頂いております。ほっといてるわけではありません。すぐに処分はさして頂いています。自民党のように処分もしないで、処分もしないでほったらかしてるのとは、私は違うと思います」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP