180807-011tamaki

「どういうことですか」羽田雄一郎議員に関する答弁で玉木雄一郎共同代表に記者から苦言が次々

LINEで送る
Pocket

 
東京医科大学の文科省前局長不正入試疑惑における羽田雄一郎参議院議員との関連について問われた国民民主党の玉木雄一郎共同代表が、8月7日の会見で複数の記者から厳しい指摘を浴びる場面がありました。

玉木雄一郎共同代表に複数の記者が苦言

羽田議員の名前が取り沙汰されていることについては8月2日の大塚耕平共同代表の会見でも「党としてどう考えているのか」という形で質問が寄せられ、大塚耕平代表は必要があれば本人が説明すると述べていましたが(関連記事)、8月7日の玉木共同代表の会見ではより強いトーンで複数の記者がこの件に言及。

「必要があれば本人から説明があると思う」と大塚共同代表と同様の答弁をしたところ「必要があればってどういうことですか」「自主的にやるべきじゃないんですか」と詰め寄られたことから防戦一方となってしまう玉木共同代表。

「いやあの、聞いております」「自主的にやっております」と理解を求めながらも「問題がないという認識」と反論しましたが、今度は別の記者から「どういう点において問題がないのか国民に明らかにする義務がある」と指摘されてしまいます。

玉木共同代表は「ヒアリングしたところ現時点では関与していないと聞いている」と返しましたが、今度はまた別の記者から「そもそもなぜヒアリングをしているのか」と問われ、その後も「もうちょっときちんとやって下さい」と苦言を呈されていました。

結局「説明責任は果たして行くべき」「必要に応じて本人からも改めて話は聞きたい」と現状は途中経過だとの認識を示していた玉木共同代表でしたが、前段で文科省の汚職について「文科省内で汚職が蔓延してるんでは無いかと疑わざるを得ない」「林文科大臣の責任も問われると思う」「官邸を中心とした政治責任も免れないのではないか」「徹底的に調べて再発防止に全力を挙げるべきだと強く求めたい」などと強気で語っていただけに、羽田議員の話になった途端に防戦一方となったやり取りが際立っていました。

玉木雄一郎共同代表の発言

(東京医科大の不正入試について問われ)

玉木「はい、あの、これ事務次官が聴取されですね、しかも、文科省内が家宅捜索されるというのは極めて異常な事態だと思います。文科省内で、汚職が蔓延してるんでは無いかと疑わざるを得ないような事態になっていますし、林文科大臣の責任も、問われると思いますし、局長を任命した内閣人事局、そして、官邸を中心とした政治責任も免れないのではないかと考えます。で、文科省でですね、こういうことが頻発してるわけですから、他にも収賄あるいは業者関係者との不適切な関係がないのか、当然ですね他にもあるんではないのかと、国民の皆さんも思ってると思いますから、ここは徹底的に調べて、再発防止に全力を挙げるべきだと、そのことを強く求めたいと思います。で、合わせて、閉会中ではありますが、やはり、文科委員会を開いて、閉会中審査で明らかにしていくところも多いと思いますので、合わせて、文科委員会の閉会中審査も改めて求めたいと思います」

記者「その中心的な役割を果たした中に、羽田雄一郎さんがものすごく重要な役割を果たしてます。(中略)聴取してますか!?羽田さんを

玉木「はい、あの、幹事長からですね、羽田議員については、話を聞いてると承知していますが、えー、本件に関してですね、まぁ必要であればご本人から説明があると思いますが、現時点ではですね、コメントは差し控えたいと思います

記者「必要があればってどういうことですか

玉木「いやあの、聞いております。はい

記者「自主的にやるべきじゃないんですか。疑われてるんですから」

玉木「あの、自主的にやっております。本人からも、話を聞いて、あの、問題がないという認識でおります

記者「問題がない?」

(玉木うなずく)

(中略)

記者「東京医科大学の件なんですけれども、羽田さんのヒアリングをやって問題がないというんだったら、どういう点において問題がないのかって言うことを国民に対して明らかにする義務があると思うんですね。(中略)要するに言いたいことだけ言って、言いたいことを国民に聞いてもらおうと思うんだったら、自分達の負の部分もきちんと説明しないと国民は聞いてくれないと思いますけれども、どうなんですか

玉木「はい、あの、現時点においてですね、幹事長を中心に羽田議員からもヒアリングをしておりまして、本件に関してはですね、関与していないということを聞いております。ただ、まぁ、疑惑をかけられた場合はですね、衆参の議員関係なくですね、説明責任を果たすべきだと思いますので、これから、必要に応じてですね、場合によっては改めて聞き取りをするなど説明責任はしっかりと果たしていきたいと。御本人としても、果たして行くと思いますし、党としてもですね、必要な説明はしていきたいと思っています」

(中略)

記者「先程来出ている、羽田議員へのヒアリング、そもそもなぜヒアリングをしているのでしょうか

玉木「はい、一部報道で、あるいはですね、一部のブログにですね、よくわかりませんそれも根拠が。ただ、そういったものがですね、一部ネットにも載っていますので、実名として羽田議員が出てきますので、実際どうなんだということについて、報告を求め、聴取をしたということであります」

記者「要するに永田町でですね、スキャンダルを見てると、名前が出てくるとですね、すぐいなくなっちゃうんですよね。羽田さんもですね、役員室長でありながら、大塚さんの会見にですね、ずっとつきあっていたのが出た時からいなくなってきたと。(中略)ですから幹事長をですね中心にヒアリングをやってるというのももうちょっときちんとやって下さい。(中略)もっとしっかりやって下さい

玉木「はい、あの、しっかりと説明責任は果たして行くべきだと思いますので、一義的には本人がしっかりと説明する話だと思いますが、我々も事態の推移をよく見定めながらですね、必要に応じて本人からも改めて話は聞きたいと思います」
 


 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP