180817-010maruyama

「調査チームも無しなのか?」丸山穂高議員が文科省官僚汚職で立憲民主党の姿勢に疑問投げかけ

LINEで送る
Pocket

 
文科省官僚の汚職疑惑事件に関連して国会議員の名前が囁かれている件で、日本維新の会の丸山穂高衆議院議員が立憲民主党の対応に疑問を呈し「調査チームも無しなのか?」と語っています。

丸山議員は8月17日、「元コンサル『国会議員がケツ持ち』」とする報道記事を添付してTwitterでこのように発言。

丸山「一連の文科省汚職疑惑で立憲羽田雄一郎議員や吉田統彦議員の名前が上がっているがマスコミ報道も薄く、立憲は本人聴取のみで説明や例の「調査チーム」も無しなのか?臨時会開会されれば即座確認していくがまたブーメランでたち消えになりかねない。ほんま、国会も野党を含めた議員間討論の改革が必須。」

丸山議員はその後も「いずれにしろ本人説明がないのが不可解」と議員らの姿勢を批判すると共に、森友学園問題を念頭に立憲民主党が調査チーム設置に動くべきだとの見解を繰り返しています。

丸山「立憲民主党さんが普段も作ってないならまだしも、森友でもなんでもいつも作ってるし今回だけ調査チーム作らないなんてことは。本人聴取としか報道されてませんが、報道の自由で報道されていないだけで、もうあるのではないですか?まさか、今回の汚職疑惑だけ立ち上げないなんてそんなことはないかと。」

また、ツイート内で羽田雄一郎議員を「立憲」としていることについて訂正すると共に「とすると国民民主党の動きも大事」と延べ、立憲・国民双方が説明責任を果たすべきとの考えを示しています。

国民民主党は大塚耕平共同代表が8月2日の会見で「説明の必要があれば羽田議員自身が説明すべき問題」(関連記事)、玉木雄一郎共同代表も8月7日の会見で「必要があれば本人から説明があると思う」(関連記事)とそれぞれ党としての動きには消極的な姿勢を見せており、玉木代表は「問題がないという認識」と述べています。
 


 

関連URL:Twitter Twitter

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP