180822-011tamaki

玉木雄一郎共同代表「ネット上にあふれるネガティブ情報への対策打っていきたい」

LINEで送る
Pocket

 
8月22日に国民民主党の代表選挙候補者共同記者会見に臨んだ玉木雄一郎共同代表が、党勢低迷の打開策を問われ、「ネット上にあふれるネガティブ情報への対策」を挙げる場面がありました。

「ネットのネガティブ情報への対策を行っていきたい」

これは津村啓介議員とともに会見に臨んだ玉木共同代表が記者から党勢が低迷する現状、打開策としてどのような取り組みをしていくつもりなのか、と寄せられた質問への回答の中で述べていたもの。

「我が党にしか出せない政策を明確に打ち出す」「PR力を増していく」として具体例を交え語った津村議員に対し、玉木共同代表は3つの点から党勢拡大策に言及していました。

1つ目が「PRのプロと契約しセグメントごとにPR戦略を組んで集中的にやっていく」。また3つ目に「全国キャラバンを組織的に行う」を挙げていましたが、ネット対策に触れていたのは2つ目の「SNS対策本部を設ける」についての説明において。

玉木共同代表は「SNS対策本部を設け議員の動画による情報発信をお手伝いする」「ネガティブな情報がネット上にあふれていることについてもしっかりと対策を打っていきたい」と強調していました。

玉木共同代表は8月22日に更新した自身のブログの中でも「党運営改革スタート・ダッシュプラン」として「『SNS対策本部』を設置し、各級議員のSNS発信やネガティブ対策を支援」と明言しています。

旧民進党系によるネット対策に関しては2017年8月に行われた代表選においても、当時前原誠司議員が「広報を強化したい。特にSNSを含めた広報を」と述べた中で、検索エンジンに並ぶ悪評を下げ、好意的なものを上位表示させるといった対策を打ち出して注目を集めていました(関連記事)。

玉木雄一郎共同代表と津村啓介議員の発言

記者「党勢が低迷している現状、党勢低迷を打開するためにどのような取り組みをしていくおつもりなのか。そして、その取り組みの過程において、お互いの候補とここは私は違うというところがあれば、それを教えて下さい。よろしくおねがいします」

津村「党勢低迷にどう立ち向かうかということで、端的にお答えしますが、やはり我が党にしか出せない政策を明確を打ち出すべきだと思います。先程私が、マクロ経済政策、アベノミクスの代案を出している政策は当然与党内にはありませんし、野党では経済政策、マクロ経済政策を申し訳ないですが本格的に提案されている政党は他に見当たらないと思っています。それから安楽死のことを申し上げました。こうした、政治が取り組まなければいけないテーマ、票にはならないかもしれないけれども、今取り上げなければいけないテーマ、尖ったテーマを私はしっかり訴えていきたいと思います。残念ながら、これは、多少玉木さんに厳しい言い方をさせて頂きますが、ここまでのプロセスでは2つの党を束ねるというご努力の中で、必ずしもエッジの効いた、玉木さんからしか聞いたことがないっていう政策をあまり聞いてないというのが正直な私の印象でございます。それからもうひとつはですね、やはり党勢拡大のためには、軍資金も必要であります。党の財政のご相談をしておりますけれども、例えば国政選挙の10分の1程度でですね、可能なんですけれども、来年の統一地方選挙でまずはずみをつけるために、私はポスター、名刺、ビラの作成費100万円を上限に、全額補助するというのを統一自治体議員さんの新しい支援策として掲げました。しかしこれは単に100万円あげるよということではなくて、一定のルールで国民民主党の政策を掲げるのか、あるいはロゴを入れるのか、こういったことは条件とさせて頂きながら、チームとしてのPR力を増していくというのは国会議員が知名度アップやってますけど、地域の自治体議員さんにも協力して頂きながら、しっかりとその費用は負担をしていくと。これは新しい提案です」

玉木「まずこの間、執行部として党運営をしてきた中で、支持率が十分あがっていないことについては反省をしなければいけないと思います。その意味でいろいろやりはじめてまだ効果が出てこない、きていないこともあるので3つ、やりたいと思っています。まず年内を目処にですね、まず、PRのプロを正式に党として契約をして、これは相当の資金もつぎ込んだ上でですね、我が党の効果的なアピール、それぞれのセグメントごとのですね、PR戦略を組んだ上で、それを組織的に集中的に年内にやっていくということをまず取り組みたいと思います。その一環としてふたつめに、SNS対策本部というものを設けて、各議員がですね、特に動画での情報発信、これ地方議員も含めてですね、それをお手伝いする仕組みを作って、個々の議員そして党全体としての情報発信力を強化する、またそれをサポートする体制をしっかりと組みたいと思います。あわせて、ネガティブな情報がネット上にあふれていることについてもですね、しっかりとそれに対する対策を打っていきたいと思います。3つ目にやはり私達の党の一つの強みは地方組織がしっかりあることであります。ですから、地方キャラバン、農業キャラバン、こういったですね、政策をまとめた上でその政策について意見を聞いて回る、全国キャラバンをですね、組織的に行って、これも年内を集中的に行っていきたいと思いますが、地域を回ると、細かい集会に顔を出して、意見を聞きまた私の思いも伝えると、こういったことをですね組み合わせながらやっていきたいと思います。プロにお願いするSNS対策本部を作る、地方キャラバンを行う、三位一体で取り組んでいきたいと思います」
 


 

関連URL:【たまき雄一郎】国民民主党代表選挙が始まりました

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP