180823-008yunoki

柚木道義議員が国民民主党からの除籍処分に反発「完全に吹っ切れました」

LINEで送る
Pocket

 
8月22日に国民民主党への離党届を提出したものの、受理されず除籍処分となった柚木道義衆議院議員が党の処分に対して不満を呈しています。

柚木議員は8月23日の午前、Twitterを更新して除籍処分に触れ、「私に厳しく対する以前に、安倍政権与党に厳しく対峙してもらいたかった」と不満を呈すると共に「完全に吹っ切れました」と捨て台詞のように語っています。

岡山4区で3期連続の比例復活当選を続けている柚木議員ですが、2017年の衆院選直後のタイミングに出演したテレビ番組で「まぁある意味地元では玉木党柚木党と言われてるわけですね」と自身への支持の高さを誇示していただけに(関連記事)、ツイートに対しては支持者からの「頑張って下さい」「応援しています」という声もみられています。

しかし同時に「吹っ切れるのは勝手だが何をやりたいのか伝わってこない」「興味ないのでご自由にどうぞ」といった冷ややかな意見だけでなく「比例復活なんだから党を離れるなら議員辞職すべきではないか」との指摘も寄せられており、こうした批判への答えなのか柚木議員はツイートの中で「1日で19万アクティビティ2,400いいねの声に全力で応えてまいります」と改めて決意を示しています。

Twitterに先立って更新していたブログの中で「自分1人からでも『市民と野党の大結集』に向けて決死の覚悟でその1歩を踏み出すことを決断した」と綴っている柚木議員は、08月22日の離党会見で「党所属議員の半分ぐらいは同じ考え」と強弁しながらも「何人かで共同で意思表示することも考えていたがまずは私自身が」と、当初は同調する議員の存在に期待していた様子を窺わせていました(関連記事)。
 


 

関連URL:Twitter 【柚木みちよしのゆず日記】記者会見要旨2018.8.22「無所属、初心からの再出発」

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP