180831-009gotoda

石破派議員が総裁選巡る産経記事に苦言「意図的な偏重記事」「常軌を逸した記事」

LINEで送る
Pocket

 
自民党水月会(石破派)の後藤田正純衆議院議員が8月30日、総裁選を巡る産経新聞の記事に不快感を隠さず「常軌を逸した記事」と批判しています。

これは後藤田議員がFacebookに産経新聞の記事へのリンクと共に「国民が最も嫌う意図的な偏重記事」「常軌を逸した記事」などと苦言を呈しているもの。

問題の記事は8月28日に掲載された「石破茂氏が『政治的な死』避けるラインは?自民党総裁選『党員票』の楽しみ方」。

長文で自民党総裁選の結果が及ぼす影響について論じた内容で、安倍首相有利とされる状況に照らし石破議員に求められる結果について自民党幹部の声をこう紹介しています。

産経「党幹部は「石破氏の運命の分かれ道は党員票と議員票の合計で3割の240~250票だ。上回れば『ポスト安倍』として生き残れるし、下回れば政治生命は終わりだ」と話す。」

産経では安倍首相にとって今回が最後となる総裁選だけに求心力低下を避けるため完勝が求められている、との見方から石破議員に対し厳しい姿勢で臨んでいる現状について首相周辺による「石破氏を徹底的につぶすためにも圧勝する必要がある」との意見を紹介している他、都道府県単位の党員票を集計することにより議員ごとの貢献度を推測し人事に反映させる可能性を示唆しています。

タイトルで「『政治的な死』避けるラインは?」「楽しみ方」としているこの記事に対し後藤田議員は苛立ちを隠そうとせず厳しく批判。

「意図的な偏重記事」「安倍首相に偏りすぎの新聞が」「民主主義を否定するかのごとき記事」「常軌を逸した記事」と表現、こうした記事は「総理をよいしょしているつもりが、総理にはマイナス」「国民は政治とメディアの蜜月を嫌う」と指摘した上で「石破茂に民主主義を取り戻して欲しいと!やっぱり石破だと!」と述べています。
 


 

関連URL:【産経ニュース】石破茂氏が「政治的な死」避けるラインは? 自民党総裁選「党員票」の楽しみ方 Facebook

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP