180904-008ibuki

伊吹文明元衆院議長が北朝鮮問題でメディアの見識を批判「今の状況見てどう考えてるのか」

LINEで送る
Pocket

 
9月3日のBSフジ「プライムニュース」に出演した自民党の伊吹文明元衆院議長が北朝鮮問題について日本が歩み寄るべきだと主張していたメディアに対し、「どう考えているのか」と疑問を呈す場面がありました。

これは番組の冒頭、自民党総裁選について意見を求められた伊吹元衆院議長が北朝鮮の核問題を取り上げて安倍政権の対応を前向きに評価した際、米朝首脳会談後に日本が歩み寄るべきだとの論調を展開していたマスコミの見識を批判的に振り返ったもの。

伊吹元衆院議長は総裁選について、自らが衆議院議長であったことから「一つの政党のリーダーについてあまり深く論評するのは適当じゃない立場」と前提を置きつつ、来年の地方統一選挙を睨むと地方の票がどう出るかが一つのポイントだ、との考えを示し、その後北朝鮮問題における政権の対応に話を移していました。

「ひとつだけ日本のためにやはり考えておかないといけないのは」と北朝鮮問題の重要性を強調した伊吹元衆院議長は、「日本の政府は比較的しっかりしてた」とこれまでの対応を好意的に評価すると共に、米朝首脳会談後に「東アジアの平和が一気に来るような論調があった」と指摘、圧力の重要性を説き続けた安倍政権に対し批判的な論陣を張っていたメディアの姿勢に厳しい目を向けていました。

伊吹「孤立的な主張を日本はしてるとか、日朝首脳会談を早くやるべきだというマスコミの論調があったけれども、今の状況を見てその時そうおっしゃったメディアの皆さんどう考えてるのかなっていう気がしますよ。」
 


 

関連URL:【プライムニュース】2018/09/03 『概算要求100兆円超え 消費増税と景気対策は』

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP