180919-009yunoki

国民民主党から除籍処分の柚木道義議員が無所属となった自らを坂本龍馬を挙げて説明

LINEで送る
Pocket

 
8月下旬に国民民主党への離党届を提出したところ受理されず除籍処分を受けた柚木道義衆議院議員が、地元のテレビ放送に出演した際に無所属となった自身の動きを坂本龍馬の名前を挙げて説明する場面がありました。

これは週末の山陽放送「RSKイブニングニュース」に出演したという柚木議員が、自らの出演部分をFacebook上で公開、その中で語られていたもの。

離党について「悩みに悩んだ」と吐露した柚木議員は、野党がバラバラではダメだ、との観点から無所属となることで無色・無私の立場となり退路を断って野党結集に尽力する議員が必要だと訴え、こうした存在を坂本龍馬に例えて「ちょっと大げさに言うと坂本龍馬のような人が出てこなければ」などと時折テレビカメラの方に視線を送りながら語っていました。

柚木「悩みに悩んだ末で、ホントにこの度ですね、やっぱりこれは与党・野党の支持者問わず私におっしゃるのは、野党がバラバラじゃダメだと。で、そのためには自分自身が特定の政党に所属する立場から、無所属つまり無色・無私、私を空しくして、ま、ちょっと大げさに言うと坂本龍馬のような人が出てこなければ。たくさんですよしかも。結集出来ないと。そういう覚悟で、まさに無所属というのは政党交付金も年間1,000万円受け取れませぇん。そして1票でもダメなら、これは議席を頂けません。退路を断っての決断ですが、やっぱりこれ与野党越えてしっかりと政権交代が出来るような受け皿が必要だと、(以下略)」

柚木議員は国民民主党による除籍処分に対し8月23日にTwitterで「完全に吹っ切れました」「市民と野党の大結集に向けて全てを賭して参ります」と決意表明していますが(関連記事)、国民民主党の新代表に玉木雄一郎代表が選出されたことで行く末への注目が高まっている野党の連携において、まだ存在感を示せているとは言い難い状況が続いています。
 


 

※画像は柚木道義議員のFacebookより。
関連URL:Facebook

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP