180920-010matsui

石破善戦の見方に松井代表がコメント「6年前書いてた人が安倍に多く移った」自民党総裁選で

LINEで送る
Pocket

 
9月20日に安倍首相が3選を決めた自民党総裁選を巡って、会見で石破茂元幹事長が党員票で善戦したのではないか、と質問された日本維新の会の松井一郎代表が6年前の総裁選との比較から「石破って書いてた人が安倍に多く移った」との見解を示していました。

これは自民党総裁選における党員票が安倍首相の224票に対し石破元幹事長が181票と近い結果に終わったことについて、記者が「僅差というか近いんじゃないかと感じるがどう思うか」と質問した際の答弁。

松井代表は6年前の総裁選での党員票が安倍87票に対して石破165票と大差で石破元幹事長が支持されていたとの観点から、今回善戦したというより「石破って書いてた人が安倍に多く移ってるわけだから」と指摘、「自民党の党員のみなさんも安倍政権は続けるべきだという判断をしたんじゃないか」と述べていました。

記者「票数についてなんですけれども、地方票に限って言えば安倍さんがだいたい220票で石破さんが180票。僅差と言うか近いんじゃないかなと感じるんですが地方票の動きについてはどう思いますか」

松井「6年前は石破さんが圧勝した中でね、自民党の党員の皆さんも、その後の安倍政権というものを評価してるから、要は党員票が石破って書いてた人が安倍に多く移ってるわけだから。6年前より。だから自民党の党員のみなさんも安倍政権というのは続けるべきだという判断をしてるんじゃないかなと。(以下略)」
 


 

※画像は自民党より。

メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。転載には許可が必要です。「無断転載禁止」をご覧ください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

官邸前抗議活動への警察警備は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP