都議会のセクハラ暴言ヤジは自民党の「S」か?メディア報じる~自民党都議のイニシャル「S」のリストはこちら

LINEで送る
Pocket

 
6月21日に都議会のセクハラ暴言ヤジを飛ばしたとされる自民党都議について日刊ゲンダイが特定に一歩近づく記事を書いています。
 


 
6月21日に日刊ゲンダイが都議会における塩村文夏議員へのセクハラ暴言ヤジを吐いた自民党議員について言及しています。

都議会セクハラ野次 犯人疑われる自民議員の支離滅裂釈明

この中で犯人と疑われている人物について言及しておりこのように述べています。

「犯人と疑われているのは、中堅議員のSです。19日は一日中、ソワソワと落ち着きがなかった。メディアもS議員を犯人だとみています。委員会室から出てきたところをテレビカメラに囲まれたSさんは『私ではない』と否定しながら、<もし、私だったら謝罪しなければ>と支離滅裂な言葉を発し、ますます疑惑を深めている。しかも、現場にいたくせに<どんなヤジだったの?>としらじらしいことを口にするものだから呆れられています」(都庁職員)

この議員は日刊ゲンダイが取材を申し込むと電話をかけてきて否定したということですが、「中堅議員のS」についてはこのように説明しています。

「典型的な右翼政治家、声がデカイことで有名です。尖閣諸島問題で名を売った。ホームページでは<子育て支援>や<女性が働きやすい社会>をうたっています」(自民党関係者)

 
特定についてはライブドアのニュースもラジオ番組による人物特定を掲載しています。

塩村文夏議員へのセクハラやじ問題 ラジオ番組が独自取材でやじの発生位置をほぼ特定か

これはTBSラジオの番組で独自取材したという内容を掲載しており、セクハラ暴言ヤジを吐いた人物についてこのように述べています。

共産党の大山とも子都議は「真ん中のあたりから聞こえた」、民主党の中村ひろし都議は「自分の真横くらいから聞こえた。自分の前の列の声は聞こえないので横です」と2つの取材結果を報告。

これらの証言から、サンキュータツオは、中村都議の右側のブロック、後ろから2列目くらいに座るに座る自民党議員が怪しいのではないかとした。さらに、その中の若手、50歳前後の議員であるから、「誰が言ったのかが判明するのは時間の問題だ」とも語った。

都議会の座席表に照らすとこうなります。民主党の中村議員が左側ですね。

140621-034
 
この報道が正しければ枠の範囲で「S」は限られてきますが、偶然日刊スポーツが条件にあてはまる議員に取材した内容を記事にしていました。

ヤジ都議認定へ声紋分析 辞職も要求へ

塩村都議がやじを聞いた周辺に座っていた自民党の鈴木章浩都議(51)は「私を含め両側ではない。寝耳に水」。「(発言者は)議員辞職に匹敵するか」との問いには「そうでしょうね」と話した。

 
鈴木章浩議員はWebサイトを見ると政策に

6.子育て支援の充実
7.女性が働きやすい社会の実現

と日刊ゲンダイの挙げた条件にも合致してしまっているようです。こう述べていた方ですね。

140621-035
 
ヤジを飛ばしていたのはひとりではないことに注意は必要ですが、日刊ゲンダイが「その中のひとり」として挙げていたイニシャル「S」の自民党議員のリストはこちらです。(敬称略)

崎山知尚
桜井浩之
柴崎幹男
島崎義司
清水孝治
神野次郎
鈴木章浩
鈴木あきまさ
鈴木錦治
鈴木隆道

 
いったい誰なのでしょう。
 
関連記事は【記事タグ】からもどうぞ。

 


BuzzNews.JPは新着記事配信にご登録の上、当サイトにてお楽しみ下さい。


follow us in feedly


当サイトではコンテンツの無断転載・無断使用を固く禁じています。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

都議選において民進党が政権支持率低下の受け皿になれていない理由は

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP