「ISISクソコラグランプリ」で最悪のコラ画像を作成した人物や擁護者などがネットで次々に炎上

LINEで送る
Pocket

 
Twitterで「ISISクソコラグランプリ」が盛り上がっていると海外でも報じられている中、「最悪のクソコラ」を作成した人物が炎上、ネットで身元を特定する騒ぎに発展しています。


イスラム国で日本人が人質となり身代金を要求された際に公開された動画を元に様々なコラ画像が作成され、Twitterで「#ISISクソコラグランプリ」のハッシュタグをつけられ拡散している騒動は海外でも報じられていますが、様々なコラ画像の中でもイスラム国を揶揄するのではなくイスラム教全体を冒涜する画像に対しては日本のネット民からも強い批判が浴びせられていました。

炎上しているのは天使ジブリールから啓示を受けるムハンマドを描いた有名な絵画をコラにしたもので、ムハンマドが銃で撃たれ血を流しているというもの。

元となった画像がこちらです。

150124-008
 
コラ画像を作成した人物は「#ISISクソコラグランプリ」のハッシュタグをつけた上に「ムハンマドは自由の女神に殺された」という文章を英語とアラビア語で添付。

一度ツイートを削除したものの、後になってから再度「これじょうずにできたん」として再掲。日本人からも非難されましたが「日本の奴らは無反応の方がいいよ」「イスラムで拡散してくれたらよいのですよ」などと発言し、著名人から批判されても「屈しない」などと強気な姿勢を見せていました。

イスラム教と信者を冒涜するコラ画像を作った上に批判に対しても反省の様子を見せないこの人物には日本のネット民も激怒、特定が始まっていますがこうした動きも意に介していないかのように3度目の再掲。「本人光臨」などと注目を浴び炎上していることを逆手に取るかのようなコメントで同じ画像を拡散。

この人物は一度アカウントの削除まで行いましたがすぐに復活させ挑発を繰り返していたものの、現在は問題となったツイートをすべて削除しています。

また他にもこの人物を擁護したTwitterユーザーや問題の画像を更にコラ画像にして拡散していた人物などが次々と炎上し謝罪に追い込まれています。これらはそれぞれ別の方による謝罪発言の一部です。

たくさんのツイートを受け、ムスリムの方々とは平和を尊ぶ素晴らしい人たちであり、テロを起こした人達とは全く違うということを知りました。
イスラムを嫌いだといってしまったことも謝罪します。平和を考える人達だと知り、好きになりました

そう言う事を軽々しく言った事を今となれば馬鹿なことをしたなと思いました信用してもらえないかもしれませんが自分のしたことが大変な事だと思っています

 
イギリスの作家サルマン・ラシュディ氏によるムハンマドの生涯を題材にした小説「悪魔の詩」の関係者がイランの最高指導者によって死刑宣告されたことで1991年に日本語訳を出版した方が国内で殺害されるという事件が起きたことはよく知られているため、今回のコラ画像制作者や同じような行為をしている人物の特定が進めばイスラム国関係者にその情報を流すネット民がいないとは限らず、身に危険が迫る可能性も排除出来ません。

悪ふざけの延長でイスラム教や信者全体を冒涜するような発言や行動は慎むようネット上でも強く警鐘が鳴らされています。
 

日本人人質動画の写真を使った多数の「クソコラ」画像にイスラム国関係者も流石に激怒かと話題に

 


メディアに載らない政治ニュースなら「BN政治 by BuzzNews.JP」。全て編集部によるオリジナル記事を提供しています。新着情報はこちらから。


follow us in feedly


当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。転載希望はお問い合わせください。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

足立康史議員の一連の発言の中で、撤回すべきだと思うのはどれですか(複数回答)。

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP