170714-001renho

「何を聞いてるのか」「書きたい事の確認しか出来ないのか」蓮舫代表が会見後に記者質問を批判

LINEで送る
Pocket

 
民進党の蓮舫代表が7月13日に行なった会見で記者から出た質問についてFacebookで嫌悪感を露わにしています(画像は民進党動画より)。

蓮舫代表は会見が行なわれた当日13日の夜、Facebookでこのように発言、「何を聞いてるのか」と不快感を示すとともに「書きたいことの確認質問しかできない記者なのか」と記者の質問に苦言を呈しています。

蓮舫「今日の記者会見。排外主義や差別主義に屈してプライバシーを公開することはあってはならない、とした上で、私の話をしたところ。「党からそうした声をあげる人は排外主義なのか?」と某新聞社記者。何を聞いてるのか。書きたいことの確認質問しかできない記者なのか、と驚いた瞬間。」

問題の場面で記者と蓮舫代表はこのようなやり取りを交わしていました。

記者「二重国籍の問題で誠に恐縮なんですけど、蓮舫代表が先程言われた排外主義・差別主義者に言われて公開するのではないという発言をされましたけれども、党内では蓮舫さんが説明を二転三転されたという、それで本当に二重国籍の疑惑がないのかということに対する疑問の声というのは、マスコミがこの問題を追いかけなくなってからもなお議員さんの方では聞かれておりまして、例えばそういう疑問を持つ声をですね、差別主義者、排外主義者と一括りにするような先程の発言があったかなと思うんですけれどもそれについてどうお考えなのかなぁと」

蓮舫「それは受け止めが完全に間違っています。差別主義者やレイシストの方達の声には私は屈しませんし、世の中一般的に(力を込めて)絶対にあってはいけません。それと、党内の声は別です」

記者の質問は会見の序盤で蓮舫代表が戸籍謄本の公開について「差別主義者・排外主義者の方達に言われてそれを公開するようなことが絶対にあってはいけない」と語っていたことを受けて、「民進党内でも疑問の声が聞かれているが一括りにした発言ではないのか」というものであり、蓮舫代表の発言が波紋を広げる可能性についての認識を質した形でした。

折しも自民党の安倍総裁が都議選前日に「こんな人達に負けない」と演説で発言、これに対する批判が広がっていただけに、戸籍謄本の公開を求める人々が一部であるとは言え蓮舫代表が「差別主義者」「排外主義者」などと表現した点やこれに民進党議員が含まれるのかという点からのコメントを求める質問だったとも受け止められますが、「何を聞いてるのか」「書きたいことの確認質問」などと断じた蓮舫代表の書き込みは注目を集めそうです。

また、加計学園問題に関して連日のように記者からの厳しい質問に晒されている菅官房長官がもし、蓮舫代表と同じようにSNSなどで発言したらどのような批判が巻き起こるだろうかと考えれば、野党第一党の党首としての蓮舫代表による今回の発言をメディアがどこまで取り上げるかはその姿勢を知る指標になると言えるのかもしれません。

いずれにせよ7月13日の会見では戸籍に関する質問を禁止しただけでなく、別件でも記者の発言を「会見にふさわしくない発言」だとして「議事録から抹消する」と指摘(関連記事参照)、言論の自由の観点から問題だとの声が上がっている民進党が、会見後にも蓮舫代表が記者の質問を公然と批判するという新たな話題を提供したことで、その体質が鮮明に浮かび上がっている印象は拭えません。
 

7月13日の蓮舫代表記者会見は民進党の支持率に影響すると思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

 

 

関連URL:Facebook 【YouTube】民進党・蓮舫代表定例会見 2017年7月13日

記事が面白かったら「いいね!」 



BuzzNews.JPは新着記事配信にご登録の上、当サイトにてお楽しみ下さい。


follow us in feedly


当サイトではコンテンツの無断転載・無断使用を固く禁じています。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。

最新の調査

蓮舫代表が辞任した政局睨んで安倍首相はいつ解散すべきだと思う?

結果を見る

過去のアンケート結果一覧

Loading ... Loading ...

Twitterで新着記事配信中

新着記事をブラウザへプッシュ配信

Facebookで新着記事配信中

PAGE TOP